ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2017 秋の栗駒高原ツーリング

d0244687_09472751.jpg
9月30日(土曜)、栗駒方面を目指してのツーリングです。
今月は西の蔵王エコーライン、東の牡鹿半島、南の磐梯吾妻スカイラインと楽しんだところで、
北のツーリングの定番の栗駒高原方面をチョイスしました。




d0244687_09474022.jpg
天気予報はまずまずで、雲の中に朝日も見える早朝の空です。
実はこれが曲者な天候の1日の序章でした・・。
d0244687_09474999.jpg
4時半に起床、6時スタートは前の週と同じ流れ。10月以降は朝晩の冷え込みで早朝スタートが切り辛い。
季節感の程良いこの時期は、本当に貴重です。今月は何と4回目の出撃。KENTAの奇跡です(笑)。
d0244687_09475678.jpg
数分程バイクを走らせ、某コンビニに到着。朝食タイム等ではなく、集合場所です。
d0244687_09480475.jpg
珍しく!わたくしとしては2週連続でのペアツーリング。
本年2月にお会いしておしましたが、ライドではなく「飲み会」でした。
この度、新車に乗り換えたとの情報を得て、天気予報を気にしながら、前々日に御誘いの連絡をしたところ、
タイミング良く快諾を得まして、今回のマッチングとなりました。
まだこの時、走行距離100km程度で、ピカピカの新車状態の「YAMAHA MT-09 TRACER」です。
不肖ライダーのKENTAではございますが、慣らし先導のお付き合い、かつルーティングしました。
d0244687_09481171.jpg
国道4号から、お気に入りの457号を経て、398~342号で栗駒を快走、一関市まで向かいます。
d0244687_09481804.jpg
「あ・ら・伊達な道の駅」で最初のトイレ休憩です。まずまず快調なペースです。
d0244687_09482555.jpg
これから向かう方向に、綺麗な虹が映り、ナイスショットが撮れました。
d0244687_09483500.jpg
この虹?・・・雨??・・・まさか・・・。予報では午後2~3時から降り出す感じ。信じてた・・。
そのタイミングなら、もう一関市側に抜けてるしねぇ。
d0244687_09484791.jpg
予報(天気占い)を信じたのが甘かった!(笑)
路面は湯浜峠手前からほぼウェットで、かろうじて雨粒は無し。
d0244687_10465518.jpg
写真の通り、ウェット路面に反射する照かりと影。雨具の準備の判断が難しい流れです。
d0244687_10472529.jpg
d0244687_10480020.jpg
目の前にはこの厚い雲・・・。
d0244687_10483098.jpg
そして進行方向は晴れ間!・・・ところがこの後、10分程度ですが、ザーっと雨に当ります・・。
d0244687_10490149.jpg
予定していた須川湖の休憩場所まで何とかガマンして辿り着き、レインウェア(上半身)を着こみます。
雨は回避できるだろうと、下は置いてきていました(笑)。
d0244687_10493878.jpg
少しですが紅葉も始まってきておりました。栗駒の寒さを実感。
本来ならここでバイクトークタイムと軽く散策してランチまでの時間調整のつもりでした。
野郎2人で散策?もあれですが(笑)、そうした「心のゆとり」を持つことは大切です。
d0244687_10510850.jpg
結局は風も5m~位吹いて荒れ模様だったので、散策はあきらめて早々に下山を優先します。
せっかくの新車の慣らしライドのWさん・・・
新品タイヤのコンディション確認と、まだ多少は不慣れなバイクでしょう。
雨降りでの走行だけは、出来る限り避けたかった。
d0244687_10500863.jpg
d0244687_10503831.jpg
無事に下山し、小休憩。
道中はほぼウェットながら、日差しによりドライ路面も現れて、多少安堵します。
結局、雨具も虚しく、雨にはほぼ当たることなく走れました。
d0244687_10515807.jpg
日差しも復活して、この日ようやく暖かい気候となりました。
d0244687_11131980.jpg
何度か訪れたことのある「道の駅 厳美渓」にて休憩をとります。
一関市内中心部で一箇所リサーチしたランチ場所は11時30分オープンにて、
下山の早目行動で予定を変更し、ここでランチタイム(11時頃)です。
d0244687_11134823.jpg
一番人気の「和風餅セット」をオーダー。
d0244687_11141818.jpg
一度にたくさんの餅が味わえ、彼の地の郷土の餅文化を象徴し、とても美味しかった。
d0244687_11144833.jpg
晴れ間も広がり始めたところで、レインウェアや防寒インナーを脱ぎ捨て、
この後の快走ルートに備えます。
d0244687_11152201.jpg
およそここまで150キロ程走っていたので、一関市内に入ってガソリン補給タイム。
d0244687_11155262.jpg
Wさんの愛機は推定航続距離が最大約350キロ前後で、帰還まで給油不要です。
ここからは国道457号に再突入し、一部往路と重複する格好で快走します。
ルートとしては、以前に試みた国道457号ツーリングのルートを一部逆走する感じになります。
d0244687_11162847.jpg
早朝にも立ち寄った道の駅で、再び休憩と御土産タイム。
逆走の457号は、車も少なく、この日最高の心地良い走りができましたが、
道の駅手前で再び雨に当り・・・何とも不可解、きまぐれな天候の1日でした。
d0244687_11165834.jpg
娘の御土産に生チョコを2種ゲット。ヘルメットが雨で濡れているのが分かるでしょうか。
d0244687_11172759.jpg
ギリギリでシートバッグに御土産を押し込み、再びインナー防寒着を着用。
d0244687_11180493.jpg
ところがこの後は晴れて快適となり、むしろ暑いくらいになりました・・。
d0244687_11353049.jpg
国道457号を快走して戻った先、宮床ダムで最後の休憩タイム、かつここで解散です。
d0244687_11360136.jpg
しばしWさんとの新車のバイクトークに華が咲きます。
足回りを中心に泥んこになってしまい、ツーリング企画者としては申し訳なくなりました。

御本人はタイヤの皮むきも進み、前後フェンダーの機能として、
泥跳ねの具合がチェックできたとのことでしたが、やはり新車で実質初ツーリング状態だったので・・。
下の道のみで、タイトな栗駒山岳ルートで各ギアのあたりをつけ、457号の快走でファイナルギアの慣らし、
そしてタイヤの皮むきに、主役であるライダーの新車への順応の慣らしライド。

晴天なら・・・ルートは悪くなかったっ!
d0244687_11363022.jpg
最後はWさんのお見送りショット。
低排気量車と大型との組み合わせでしたが、呼吸も合って、楽しく走れました。
この日の翌日にはパニアケース(前車装備流用)の装着マウントの設置作業をディーラーで行うとのこと。
益々トレーサーのスポーツツアラーのルックスがキマルことでしょう。
d0244687_11370170.jpg
集合と解散場所でトータル1時間位、バイクトークを楽しみましたが、
想定帰宅時間16~17時より早目に、15時半頃には無事帰還しました。
ランチポイントが早まったのと、愛機撮影タイムをマスツーでは減らす様にしたのが大きかったかな。
d0244687_11373139.jpg
早まった帰宅のおかげで、当日の夕方には洗車タイム。
足回りの泥んこをシャワーで綺麗に落として湿気飛ばし後、翌日夕方にはチェーンもメンテナンス。
ウェット路面を多く走り、短時間ですが雨にも降られたので、次回ライドに備えました。
d0244687_11380027.jpg
晴れるのか、雨なのか、路面が濡れる一方か、乾くのか・・・よく分からない。
それを象徴する記念ショットです(笑)。
まぁ、こうした気候に翻弄されるのも、バイクツーリングの楽しさと醍醐味ですね。

備考:走行距離274km(高速不使用) 燃費35.4km/L
[PR]
by DIO-PHOTO | 2017-10-03 00:00 | ツーリング