ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2017 秋の浄土平ツーリング

d0244687_08481178.jpg
9月24日(日曜)、磐梯吾妻スカイラインの絶景を堪能すべく走ってきました。
福島県が誇る全国屈指の絶景観光ルートだけに、年に1度は走っておきたいところです。
例年は紅葉シーズン狙いで動いていましたが、今年は紅葉手前の混雑緩和時期を狙いました。




d0244687_08481973.jpg
4時半に起床、朝食を済ませてから出発準備し、6時スタートです。
d0244687_08482581.jpg
福島方面の場合、一部高速区間(仙台~福島飯坂or福島西)を利用して単調な区間をワープすることがほとんですが、
この日は国道4号を南下して福島入りし、帰路は山形方面をかすめ、宮城に戻る格好の全区間で下の道です。
d0244687_08483243.jpg
予報は終日晴天ですが、朝方は雲が多めでした。
d0244687_08483899.jpg
福島に入った付近で最初の休憩です。今回の防寒対策はばっちりでした。
d0244687_08484509.jpg
磐梯吾妻スカイライン突入後、遅いキャンピングカーに引っ掛かる以外は順調に走り、つばくろ谷で休憩します。
朝方の雲も、山麓から吾妻小富士が目視できるレベルまで回復してひと安心。
d0244687_08490337.jpg
何度来ても良いところ。
d0244687_08492178.jpg
終日のロングランに備え、この日のヘルメットは軽量のZ-7を使用。
ツアクロより空力や軽量感に優れるので、肩や首、頭部の疲労軽減に繋がります。
オンロードだけなら、本来こっちの選択がルックス以外はベストです。
d0244687_08492825.jpg
この後は、この日のお目当ての絶景ロードを堪能。
あくまで個人的感覚ですが、磐梯吾妻スカイラインは、高湯側から走る「眺め」の方がお奨めです。
走り易い土湯側のヒルクライムも、ルート自体は「走り応え」があり、とても楽しいので、
どちらを優先するかは好みやその日の気分次第かな。
d0244687_08493650.jpg
昨年秋の紅葉ツーリングは晴天とはいきませんでしたが、この日は良い感じに地肌が照らされ、
絶景が見事に浮かびあがり、とても映えました。
d0244687_09234750.jpg
d0244687_09235354.jpg
d0244687_09240112.jpg
d0244687_09241061.jpg
浄土平山頂方面に到着。
d0244687_09241527.jpg
記録写真目的にて、撮影を済ませてリスタート。
d0244687_09242472.jpg
道路最高点ポイント。何度も通ってるし、別に毎回撮らなくても良いのですが、
過去写真と見比べたりするのも好きなので、定点化されています(笑)。
表記のペイントが経年劣化で剥げ気味だなって思ったり・・・(笑)。
d0244687_09243035.jpg
d0244687_09243799.jpg
d0244687_09244328.jpg
レークラインを一気に快走し、桧原湖進入前の中間区間でガス補給。
d0244687_09244998.jpg
桧原湖には毎回癒されます。この人造ダム湖とは違う自然の佇まいが素敵です。
d0244687_09322572.jpg
d0244687_09323322.jpg
この日のランチは、この桧原湖界隈の人気ラーメン店「奥裏磐梯らぁめんや」さんです。
d0244687_09324244.jpg
前回同様、山塩チャーシューメン(普通盛り)をオーダー。
d0244687_09324707.jpg
到着11時で昼時前に入店したものの、既に混雑が酷く8組(計30名)くらいのオーダー待ちリスト・・・。
呼ばれるまで40分、そこから食べ終わるまで更に30分、1時間ちょい時間を使いました。
d0244687_09325455.jpg
相変わらずのさっぱり塩スープが美味かった。
d0244687_09330868.jpg
食事後は更にピークでどんどん混雑が激しくなっていました。
夏が終わって程良い気候となり、とても観光日和な時期なので当然か。
d0244687_09330200.jpg
ここからの帰路は西吾妻スカイバレーの九十九折りを堪能し、ブドウマツタケライン(広域農道)を快走です。
d0244687_09331996.jpg
桧原湖が綺麗に見渡せる展望所で小休憩。
d0244687_09331493.jpg
d0244687_09332516.jpg
ブドウマツタケライン手前の水窪ダムで休憩タイム。
高速不使用以外は、昨年のこのログとほぼ同じルートです。
同じルートでも微妙に写真のアングルや撮影ポイントを変えることもあり、
過去ログを繰り返し見比べた時、自己満足で楽しめる様、一応は考えて撮っています。
d0244687_09592812.jpg
d0244687_09595852.jpg
d0244687_09585842.jpg
d0244687_10002788.jpg
d0244687_10005877.jpg
ダムから程近いブドウマツタケラインの区間は毎度空いていて走り易く、抜け道としても最高です。
舗装が多少荒れていますが、混雑区間の多い幹線国道とはトレードオフです。
d0244687_10012877.jpg
国道113号(七ヶ宿街道)七ヶ宿方面途中、滑津大滝公園でトイレ休憩。
d0244687_10015807.jpg
大滝公園から4km・・・七ヶ宿界隈にはこれまで無かった新規の店舗らしいコンビニを発見。
今後のツーリングに使えそうな絶妙な場所だったので、立ち寄ってみました。
d0244687_10022890.jpg
この日は予報通り、朝方を除けば晴天の日和。そよ風が心地良く、ツーリング日和でした。
こういう絶妙な日和は5月と9月くらいなので、今年は湿りがちだったマイバイクツーリングライフにおいて、
9月はなんと!3回(今シーズン6回目)も出撃しました(笑)。
d0244687_10025841.jpg
最後は県道51号~R457~県道47号~R286をノンストップで走り切り、
午後4時40分頃に無事帰還となり、約10時間半の終日ライドを楽しむことができました。
d0244687_10040059.jpg
なんとなくお気付きの読者様もいたかもしれませんが、いかにもソロツーリングなこの日のログ・・・。
過去ログによると、この2015年11月の記事以来(約1年11ヶ月振り)の・・・・マスツーリングでした!
この11月の記事のお二人とは、今年2月に飲んでいるので親交はございますが、
その後は残念ながら全く御一緒しておりません。

この日のツーリングは、マスツーといっても同行者は1名ですけどね。
私のブログの存在を知らない方、かつあまり知られたくない都合?、画像処理をしております。
本人が見れば気づくでしょうが、その確率は極めて低いマイナーブログ。
万が一にも同行者の知人が見たらあれなので・・・しれっとソロ風(文面)に仕立てました(笑)。

かれこれ3年程前からの友人(宿泊キャンプのロングライドをこなすベテランライダー)で、
双方バイク乗りなのは知っていましたが、今までは年に何度か飲み語るくらいの同年代の間柄。
近頃「LINE」が開通したので、前々日にふと誘ってみたら、まさかのOKとなり、楽しいひと時となりました。

基本的には気軽なソロライド好きとはいえ、たまには複数で走りたくなるものですね。
排気量に4倍以上の差があり、ペースメイク(先導)に若干気を遣いましたが、
上手く慣れたベテランライダーだけに、そこは双方上手く合わせられた感じでした。

備考:走行距離340km(高速不使用) 燃費36.1km/L


[PR]
by DIO-PHOTO | 2017-09-26 00:00 | ツーリング