ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

「脛骨・腓骨」骨折記(バイク事故):その29

9月8日(月曜):術後145日目
背屈が右足と比べてマイナス5度ほど改善しない状況が、
この日ついに少しだけ復活の兆しが出てくる。
正確には計っていないが、角度的には1~2度程度か・・・。
それでも症状が固定気味だったこの三ヶ月半を思えば喜ばしい兆候かな。
ここ一ヶ月のその辺の部位の集中筋トレが多少効果的だったのでしょう。





9月18日(木曜):術後155日目
ここ1週間ほど、明らかに歩行の蹴る筋肉が戻ってきて、
全体的な左脚部の筋トレと相まって、歩くスピードは事故以前とほぼ同じまでに回復。
階段を降りる際も、軽い痛みや違和感を我慢すれば、比較的軽快になってきた。

日常生活においては、プロの療法士さん以外では、
歩く姿を見るだけでは健常者とほぼ区別がつかないだろう。

そうなるとバイク復帰の欲が出る訳だけど、
俺はツーキングライダー(バイクを通勤に使用)でもなければ、
プロのレーサーでもないし、仕事柄バイク必須でもない。
あくまで趣味のものなので、焦る必要もなかろう。

バイク復帰を励みにしてリハビリをしていたものの、
そのバイクの無い生活に浸りきって丸五ヶ月、
趣味のバイク時間を子供とのふれあい時間に完全シフトしてみると、
一番可愛い時期(7歳)だけあって、それも悪くないな・・・と思ってみたり・・・(笑)。

子供と3DSの某大人気ゲームを共有して、バイクに乗れない時間を過ごしてみたら、
ことのほか子供が毎日楽しそうにパパにすり寄ってくる。
娘を「パパっ子」にする好機だし、我が子はやはり可愛いな。

そんな訳で、最近は子供と温水プールに行ったり、週末や平日問わずべったりな毎日・・・。
今月初めに買ったバイク雑誌(月刊オートバイ、ガルル)もラックに入れたまま・・・。
根っからのライダーたるもの、もちろん乗ってみさえすれば、楽しいのは分かってる。
とはいえ、果たして年内バイク復帰はあるのだろうか。別の意味で怪しくなってきた(笑)。



*******************************************************
診察内容、処置内容には、個人の記憶の為、多少誤りがある場合があります。
また経過に関する記載は、個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれます。
予め御理解の上、お読みください。
[PR]
by DIO-PHOTO | 2014-09-18 12:30 | 骨折記