人気ブログランキング |
ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

「脛骨・腓骨」骨折記(バイク事故):その25

7月21日(月曜):術後96日目
足首全体の大きな痛みが落ち着いたのも束の間・・・。
今度は外側のくるぶしの上辺り一帯に強い痛みを感じる。
やれやれ・・・週替わりでどこかに問題が起きるとは・・・。




7月22日(火曜):術後97日目
定期検診日の流れで、担当医の院長先生に約4週間振りにレントゲン撮影による経過を診断していただく。
d0244687_17325751.jpg
骨折線がだいぶ目立たなくなった。
しかも巷の噂通りに骨折部が太くなり、しっかりその部分が映ってる。
手で触っても明らかにやや盛り上がっているので、撮影前から分かってはいたけど・・・これは面白い。
d0244687_17325341.jpg
側面からの画像で腓骨の骨折線が見える。
先生曰く、普通ならこのサブの腓骨の方が早く繋がるとのことだけど、
事故時にこの腓骨が「バラけて」折れたので、その骨片が影響しているとのこと。
まぁ、メインの脛骨が順調な状況なので、あまり気にしないことにする(笑)。

このあとリハビリに向かい、療法士さんにくるぶし上部の痛みを相談。
骨折の影響で後々も痛みがでたり、関節の動きが鈍くなるのはよくある話らしい。

ただし今回は原因らしいものが判明した。
足首の背屈の動きを良くしようと、四日前から別の療法士さんの指導の下で、
体重をかけた足首のストレッチを今までの数倍(5分×6回/1日)にしたのだが、
この時に重心が左右の偏りによって、くるぶし付近の筋肉に大きな負荷がかかり、痛めた可能性が高いとのこと。

負荷レベルは正直よく分かっていない・・・。
安静にばかりしていてはリハビリにならないし、やり過ぎればどこかの部位を痛めて面倒なことになる。
はてさてどうしたものか・・・。とりあえずこうした経験のもとで、マイペースを掴むしかないのだろう。
我流は考えず、リハビリ通院の中で、療法士さんとの指導や打ち合わせを今後も大事にしよう。

まずは骨折箇所の回復具合が順調であるとの診断が何より嬉しかった。


*******************************************************
診察内容、処置内容には、個人の記憶の為、多少誤りがある場合があります。
また経過に関する記載は、個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれます。
予め御理解の上、お読みください。


by DIO-PHOTO | 2014-07-24 12:30 | 骨折記