ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

「脛骨・腓骨」骨折記(バイク事故):その6

d0244687_10124149.jpg
4月22日(火曜):術後6日目
傷口の出血が完全に治まったのを確認して、極薄いフィルムタイプのものに貼り替えられた。
一番のメリットは、水場が平気になること。ついにシャワーが解禁だ。




それまでは身体を蒸しタオルで拭くだけ。翌日、早速シャワーを借りることにした。
車椅子もスムーズに入れるバリアフリー化された広いシャワールームのおかげで、
手摺りを使用しながら、何とか一人で心行くまで汗を流す。
d0244687_07103210.jpg
4月26日(土曜):術後10日目
この頃になると、就寝時間以外はそれほど痛みで苦しむこともなくなる。
もちろん足を上げた楽な姿勢が前提だけど、
娘が遊びに来ても、ゆっくりと院内の広い談話室で気兼ね無くお喋りやランチタイムを楽しめる。
d0244687_07103698.jpg
元気そうなパパの姿を見てか、娘から屋上に行きたいとリクエスト。
入院以来、初めての外の空気が心地良い。

かみさんは毎日、娘は午後から夕方のフリーな時間だけ、一緒に見舞いにやって来る。
痛みが落ち着き、かつ脳みそは元気だから、入院生活も退屈に感じるようになってくる。
1日の中で、やはりこの家族との時間が一番癒される。

無論、友人、職場の人達、親兄弟や親戚など、多くの方々お見舞いも心から嬉しい。
入院直後のバイク仲間達からのお見舞いメールにも強く励まされた。
やはり人は一人では生きられない。改めてこうした絆の素晴らしさを思い知る。

数日後には退院が近い。
ようやく僅かに身体を横向きにできるようになり、少しだけ眠り易い姿勢が取れるようになる。
本当にちょっとずつ・・・回復している実感が湧く。


********** 次回更新に続く **********

診察内容、処置内容には、個人の記憶の為、多少誤りがある場合があります。
また経過に関する記載は、個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれます。
予め御理解の上、お読みください。


[PR]
by DIO-PHOTO | 2014-06-05 08:09 | 骨折記