ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

CBR1000RRの冬支度とバイクガレージ外壁洗浄

d0244687_14541257.jpg
12月15日(日曜)、CBR1000RRの冬支度を行いました。




d0244687_14541797.jpg
その前日の14日(土曜)は、自宅界隈で薄っすらとですがシーズン初積雪がありました。
d0244687_14542222.jpg
翌日のこの日も数センチの積雪で、気分はすっかり冬眠モード(笑)。
d0244687_14542897.jpg
同時作業でバイク保管庫の外壁も洗浄です。年に1度の唯一の外観メンテです。
d0244687_14543233.jpg
心強い助っ人にホースを任せ、まずは外壁の汚れを洗い流します。
気温4度以下のこの日、スキーウェアを防寒着にして万全の態勢です。
d0244687_14543790.jpg
洗剤を使ってモップ等で汚れを落とすのは私の担当・・・(笑)。1年間の雨汚れは侮れないもので、意外と苦労します。
d0244687_14544348.jpg
今年から屋根上も洗います。
バイク用保管庫を初設置して以来、数年間ほど放置しておりましたが、今年は脚立を新調しておきました。
高い場所なので、上側は私が全て行います。積雪が残っており、多少作業に苦労しました。
d0244687_14544804.jpg
お手伝いといえど、水遊び感覚なのでしょう。楽しんでやっている娘が可愛かった。
d0244687_15394673.jpg
途中で小雪が舞ってきましたが、1時間ほどで作業は終了です。
年末は何かと忙しくなるので、極寒の水作業でしたが何とか終わらせました。
d0244687_15395347.jpg
次にCBR1000RRの冬支度です。
特別変わったことをする訳ではありません。バッテリー管理と車両のカバー掛け程度です。
d0244687_15395056.jpg
バッテリー管理は、春先に納車してもらった時に、作業の流れでサービスで配線済みのコードにアクセスするだけです。
これなら端子や本体の取り外しを行わずにすむので、ものぐさなオレにはぴったりです(笑)。
CRF250Lと週替わりで繋ぎ換えながらのメンテナンスとなります。もう一台オプティメイトがあればなぁ・・・。
d0244687_15395606.jpg
この「屋内用」カバーですが、CBR1000RR(SC59)の専用品です。
d0244687_15400062.jpg
専用品だけあって、車体シルエットとの立体縫製も完璧です。
d0244687_15400964.jpg
ミラーの部分に至るまでしっかり考えられており、想像以上に満足です。
d0244687_15401649.jpg
何よりレプソルカラー&ロゴ入りなので、レプソルホンダ好きとしては、関連品のコレクターズアイテムにもなってます。
d0244687_15402071.jpg
モータースポーツファンなら分かりますが、レース車両をピットに置く際に、
こうしたインドアボディカバーでシルエットをオシャレに演出する場合があります。
その辺の憧れもあって、ディーラーストック品を春先に衝動買いしました。
既にメーカー絶版なのもあり、格安でゲットできました。
余っている普通の屋外用バイクカバーで代用も可能でしたが、その辺は趣味故に自己満足の世界です(笑)。
d0244687_16144063.jpg
CRF250Lの方は、一応通年ライドが基本なので、気候(積雪や凍結)を気にしながらのライドとなります。
d0244687_16144514.jpg
実は現在CBRは外装のクレームを入れ、その対応をここ1ヶ月ほど待っている状況です。
メーカーでも他に少し事例があるようで、既に何かしらの保証対応は決定していますが、
年越しで長引きそうな感じなので、この日の積雪と相まって、冬支度の判断となりました。
d0244687_16144975.jpg
強風や台風の季節、そしてこの冬季の積雪のある時期、特にバイク保管庫の有難味を感じます。
所詮は既製メーカーの保管庫ですが、堅牢感が売りなだけあって、
車両コンディション維持には絶大なる効果があります。
冬季(約4ヶ月)にCBRをほぼ乗り出せないのはせつないですが、
バイク共々、この建屋を大事にしていきたいところです。


[PR]
by DIO-PHOTO | 2013-12-19 20:00 | メンテナンス