ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2013MFJ全日本トライアル 第7戦 東北大会(SUGO)【SS1・SS2セクションとフリーショット】

d0244687_1553152.jpg

全6回に分けてエントリーした2013年全日本トライアル菅生大会(10/27)も今回がラストです。
IASクラス各選手がばらけ始めた上に、歩き通しで疲労も若干あったので、
2LAP目はフリーショットで多少写真としての作例的に拘ったものをピックアップして載せます。
その他には、IAS選手のみが参加するスペシャルステージの写真となります。



d0244687_1614587.jpg

トップクラスの選手では当たり前のマインダー(アシスタント)の存在は、
トライアル競技のコンビの一体感と同時に、競技への緊張感を感じるところです。
残りのタイムをカウントしたり、転倒や落車の時の危機管理のヘルパー役なので、
最高峰クラスには欠かせない存在です。
d0244687_169716.jpg
d0244687_1691293.jpg
d0244687_1691796.jpg
d0244687_1692279.jpg
d0244687_1692949.jpg
d0244687_1693559.jpg
d0244687_16101659.jpg
d0244687_16102288.jpg
d0244687_16102893.jpg
d0244687_16103428.jpg

ちょっとお気に入りショットです。
d0244687_161124.jpg

次の瞬間落車してるんだけどね・・・・。
d0244687_16122599.jpg
d0244687_16123096.jpg
d0244687_161239100.jpg
d0244687_16124586.jpg
d0244687_16125396.jpg
d0244687_1613275.jpg
d0244687_16143999.jpg

フリーショットは以上です。

d0244687_16144942.jpg

【スペシャルーステージ(1)】
d0244687_16181653.jpg
d0244687_16183396.jpg

既に下位クラスは競技を終えているので、IAS選手と運営スタッフ、そして観客のみです。
下位クラスの関係者がいない分、いくらか観易かったです。
3回目の観戦の今回、初めてのSS観戦です。
d0244687_1623166.jpg

2LAP目の第8セクションをまさかの5点で終えた黒山選手を捉えて、この時点で小川選手が逆転で暫定トップ。
d0244687_1626382.jpg

d0244687_16265397.jpg
d0244687_1627239.jpg
d0244687_1627145.jpg
d0244687_16272581.jpg

小川選手のクリーンに対して、黒山選手は1点。
この時点でトータル3点差となり、総合順位を決する最後のSSで、小川選手が2点以内なら自力優勝となります。
d0244687_16312883.jpg

【スペシャルーステージ(2)】
d0244687_1632676.jpg
d0244687_16323844.jpg
d0244687_1652399.jpg
d0244687_16534063.jpg

人工セクションは周囲を観客に囲まれるので、
それなりにプレッシャーになったり、逆にチャレンジ精神向上に繋がったりするのでしょうか。
写真の観客の画像処理が本当に面倒なセクションでした(笑)。
d0244687_16571569.jpg
d0244687_1657338.jpg
d0244687_16574252.jpg
d0244687_16574911.jpg
d0244687_16582065.jpg
d0244687_16594883.jpg
d0244687_170639.jpg
d0244687_1704292.jpg
d0244687_1705889.jpg
d0244687_1713813.jpg

人車一体、上位選手になるほど安定感を感じました。
d0244687_1723769.jpg
d0244687_1725815.jpg
d0244687_173786.jpg
d0244687_17329100.jpg
d0244687_1735299.jpg

空を飛んでるみたいです。カッコイイ。
d0244687_1761610.jpg

この時点で既に3位を確定している野崎選手。今シーズン全6戦全て3位・・・・あの二人の壁は厚かった。
d0244687_1792412.jpg
d0244687_1793480.jpg
d0244687_1794027.jpg
d0244687_17105074.jpg

このセクションはIAS上位選手ならクリーンは難しくないようで、あとは小川選手のタイトルに対する緊張感だけです。
d0244687_1716652.jpg

d0244687_1716177.jpg
d0244687_17162549.jpg
d0244687_17163233.jpg

見事にクリーンで終えます。
d0244687_17175952.jpg

最後の登場は黒山選手。
d0244687_17183962.jpg
d0244687_17184789.jpg

こちらも見事にクリーンで、今シーズン最後のトライを締め括ります。

2013全日本トライアル【R7】 IASリザルト
1位 ゼッケン2 小川 友幸
2位 ゼッケン1 黒山 健一
3位 ゼッケン3 野崎 史高

d0244687_173539100.jpg

その結果、2013年間チャンピオンは、自身3度目となる小川友幸(HRCクラブMITANI)選手となりました。
通算11度の現日本チャンプの黒山選手と最後は同ポイント111(双方優勝3回、二位3回)で並びましたが、
その場合は直近の勝者がチャンピオンとなる規則が適用されました。

まだまだにわかファンの俺は、特別贔屓な選手がいる訳ではありません。
でもホンダ贔屓という点では、小川選手のチャンピオンはちょっと嬉しい(笑)。
今シーズンはワークスに近いスペックのマシンが与えられ、チーム、選手、マシン、それぞれ一体となって、
ベテラン小川選手の久しぶりのチャンピオンに繋がったと言えるのでしょう。
おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
[PR]
by DIO-PHOTO | 2013-11-06 07:00 | 全日本トライアル