ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2013MFJ全日本トライアル 第7戦 東北大会(SUGO)【第9・10・11・12セクション】

d0244687_102938100.jpg

前回からの続きで、第9セクションから最終の第12セクションです。



d0244687_10303547.jpg

【第9セクション】
第8セクションから5~6分徒歩移動の間に、またも主要選手はこのセクションを終えていました(笑)。
野崎選手の競技だけ間に合いました・・・・。
d0244687_1033916.jpg
d0244687_10331512.jpg
d0244687_10332191.jpg
d0244687_10333492.jpg
d0244687_1033506.jpg

なかなか面白く、かつ観易い地形だったので、もう少ししっかりと観たかったです。
徒歩移動が面倒な所は、「観戦を諦める覚悟」も必要かもしれません。もしくは2LAP目で回ってくるまで待機か。
d0244687_10381065.jpg

【第10セクション】
d0244687_1039845.jpg
d0244687_10394055.jpg

d0244687_10394690.jpg

d0244687_10395454.jpg
d0244687_1040020.jpg

d0244687_1043154.jpg

d0244687_10402041.jpg

やっぱりIASのルート設定は面白い。
観戦3回目でまだ新鮮なのもあるけど、意外とルートが上手く練られています。
d0244687_1046217.jpg
d0244687_1046137.jpg

【第11セクション】
d0244687_10462134.jpg
d0244687_10484663.jpg
d0244687_10491396.jpg
d0244687_10492157.jpg
d0244687_10504858.jpg
d0244687_1051028.jpg
d0244687_1051851.jpg
d0244687_1052825.jpg

d0244687_10525597.jpg

d0244687_10523031.jpg

d0244687_10531851.jpg

小川選手、ここから持ち堪えてそのまま下って「1点」で通過はさすが。
d0244687_10582753.jpg
d0244687_10583834.jpg
d0244687_10584727.jpg
d0244687_10585492.jpg
d0244687_1059183.jpg
d0244687_10594677.jpg
d0244687_1101354.jpg
d0244687_1102283.jpg
d0244687_1103251.jpg
d0244687_1104012.jpg
d0244687_1104852.jpg

黒山選手は余裕のクリーン。今大会、ここを2LAP共にクリーンは彼だけです。
d0244687_1173748.jpg

【第12セクション】
d0244687_1183215.jpg
d0244687_1184227.jpg
d0244687_1185030.jpg
d0244687_1185911.jpg
d0244687_119990.jpg
d0244687_1110153.jpg
d0244687_1110956.jpg

個人的な感覚としてトライアルバイクの魅力は、どんな悪路や障害物でも、乗り越えるんじゃないかと思わせるところ。
もちろんライダーの技術に裏付けられた結果だけど、例えば重たく重心の高いマシンでは決してこうはいかない。
スピード至上主義のロードレースは、所詮は決められたレールの上(舗装路)しか走れない。
トライアルとはまったく対極に位置します。普段からロードレース好きの俺が、トライアルの魅力にはまるのがこれ。

例え同じバイク(二輪)でも、オンとオフにはそれぞれに楽しさや魅力が詰まっています。
所詮は持論ですが、バイクへの思考が一辺倒なライダーって、バイクライフの半分を損していると思う。
低速で不安定なところを走るオフ車ライドを経験すると、安全にバランス感覚や操縦技術が養われるので、
オンロードのみのライダーより上手くなり易い気がします。プロライダーもオフロードでトレーニングするしね。
d0244687_1125417.jpg
d0244687_11254987.jpg

1LAP目の全12セクションを数回に分けてエントリーしましたが、次回は今大会での最後のエントリーとして、
2LAP目の模様をフリーショットとして適当にピックアップしながら、最後に二つのスペシャルステージで締め括ります。
1LAP目を終えての暫定1位は安定の黒山選手でしたが、2LAP目は逆転のドラマがありました。
[PR]
by DIO-PHOTO | 2013-11-05 12:50 | 全日本トライアル