人気ブログランキング |
ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

HONDA CBR1000RR ~2012鈴鹿8耐優勝マシン~

d0244687_15421919.jpg

2012年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝マシン、「F.C.C. TSR Honda CBR1000RRW」です。
優勝ライダーは秋吉耕佑・ ジョナサン レイ・岡田忠之です。



d0244687_15483472.jpg

昨年の記事に続いて、二年連続F.C.C.TSR HondaカラーのCBR1000RWの紹介です。
d0244687_1551734.jpg

国内屈指の名門チームですが、一応はプライベーターとして参戦。
でもハルクプロ同様に、実質は鈴鹿8耐スペシャルのホンダワークスマシンと言えるでしょう。
WSBKや世界耐久シリーズの方は既にワークス活動(WSBKは一部支援)も無く、影の薄いCBR1000RRですが、
ホンダ御膝元の鈴鹿8耐は違います。WSBKのホンダ系チームでも使わせてもらえないような足回りが奢られています。
サスやブレーキシステムがまるで違います。
d0244687_1612455.jpg

クィックジャッキアップ対策のマウントパーツです。
d0244687_1622477.jpg
d0244687_1623261.jpg
d0244687_1624356.jpg

d0244687_1634155.jpg

今年の全日本SUGO大会で初導入された給油システムですが、そのレースイベントに合わせたのか、
その日のホンダブースのこのマシンにも、ユニットが接続状態でお披露目されていました。粋な計らいです。
d0244687_1663434.jpg
d0244687_1664038.jpg

昔のクィックチャージはピットからゴソゴソとホースが伸びてきて、片方で強制的にエアを吸い上げていましたが、
今はこのスタイルが主流のようです。システムの詳細は知りません(笑)。コスト対策か規定ができたか?
d0244687_168318.jpg
d0244687_16101081.jpg
d0244687_16101629.jpg
d0244687_16102272.jpg
d0244687_16104277.jpg

各部のスペシャルパーツが市販車と比較しようも無く、その造形美に痺れます。
d0244687_1612285.jpg
d0244687_1612775.jpg

どのアングルから見てもカッコイイ。
優勝マシンのオーラもあるけど、やっぱりメーカーの威信をかけたSSバイクは美しい。
d0244687_16142871.jpg
d0244687_16143916.jpg
d0244687_16144656.jpg

世界各国のレースレギュレーションによっては、ストックバイクでタイヤが溝付きのロードタイヤ指定のところもあるけど、
個人的には、レースならやっぱりこのスリックタイヤこそがしっくりきます。
d0244687_1618358.jpg
d0244687_16181470.jpg
d0244687_16182611.jpg
d0244687_16183788.jpg
d0244687_16184596.jpg
d0244687_16185654.jpg
d0244687_161939.jpg
d0244687_16195967.jpg

まさか給油システムを間近で見られるとは、この日(8/25)予想外の出来事でした。
これだからレース観戦は楽しい。
d0244687_16221855.jpg

2013シーズン、残念ながらこのTSRのマシンはスプリント(全日本)においては、エース秋吉選手が負傷離脱、
鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、清成の転倒でリタイアと散々な年になってしまいました。
来シーズンはまた復活してくれることを祈ってます。
CBR1000RRは日本国内かマン島TTくらいしか活躍の場がないんだしさ(苦笑)。
by DIO-PHOTO | 2013-10-07 18:30 | HONDA BIKES