ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2013 Kawasaki Z800

d0244687_17133264.jpg

地元宮城で2月9日に行われた国内4メーカーが集まるバイクイベントを見てきました。
お目当てのバイクや気になるモデルが展示されていたので、その辺を数回に分けてエントリーしていきます。
今回は「Z800」です。各メーカーの展示のほとんどが国内正規販売モデルでしたが、
これはカワサキの傘下、ブライトによる輸入車(タイ工場生産)です。



d0244687_1714364.jpg

おそらくは同社Z750の後継機扱いになるのでしょうが、カワサキよ・・・・やってくれたな。
このフェイスには度肝を抜かれた(笑)。国内メーカーにあるまじきデザインでインパクト満点だわ。
d0244687_17162375.jpg

これはなんだろう・・・。昆虫顔か?
前回紹介したNinja250の旧モデルの250Rの登場辺りから、男カワサキのイメージはすっかり様変わり。
特に新型ラッシュのここ2~3年は万人受けするカッコイイイメージのモデルが多かった。
久しぶりに「らしさ」が垣間見られた気がする。
まぁ、そうは言ってもカワサキも乗り易さを意識したマシンの投入が多くなり、その辺はだいぶ大人しくなったもんだ。
だからこそオレのようなホンダファンにも目をつけられるようになったのだろう(笑)。
大人しくなったと言っても、ミッションの入り難さとか、あんなとこやこんなとこ・・・・
ホンダと比べるとまだまだ工業製品としては「洗練」されてないけどな。
カワサキファンってその辺に乗りこなす楽しみや個性を見出して浸ってるのだろう(←誉め言葉のつもり)。
d0244687_17295569.jpg

この辺のエキパイの取り回しなんかカッコイイわ。
d0244687_17302182.jpg
d0244687_17304193.jpg

輸入モデルの大型S-NKとしては、異例の90万未満の価格設定は魅力的なライダーも多かろう。
その辺は素晴らしいけど、タイ工場生産でコスト調整、その中には当然部品のコストも有り、
兄貴分のZ1000より10kg以上重い総重量(タンク容量は2L多いだけ)・・・・
そこだけはSS派生のストリートファイターというスタンスでは残念なところ。

もし二択なら、高価でも個人的にはZ1000の方が後悔がないと思う。あれは良いバイクです。
大ヒット中の同社Ninja1000よりも中途半端さが無く断然魅力的です。
d0244687_17391349.jpg
d0244687_17392248.jpg

Z800は見た目の迫力はあるし、お手ごろ価格で足回りも良い感じ。
個性的な顔と相まって、その辺に魅力を感じられるライダーは要チェックですね。
by DIO-PHOTO | 2013-02-11 17:52 | Kawasaki BIKES