ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

HONDA PCX150

d0244687_22254563.jpg

いあ~参りました。12/20頃から風邪で不調です。かみさんもほぼ同時に具合を悪くしたので、
娘の風邪を貰った可能性大(笑)。営業職としては追い込みのこの時期、会社を休む訳にも行かず、
おかげで今週最後の出勤日の12/22土曜まで、なんとか最後の追い込み受注はできました。
なんとかこの土曜に処方箋を出してもらったので、12/23~24の連休のクリスマスで体調を整えたいところ。
健康第一、読者の皆様も御自愛下さいませ。

さてバイクネタも枯渇状態ですので、フォトライブラリーから8月に撮ったものを今更紹介しましょう(笑)。
本年4月に発表(6月発売)されたPCXの排気量アップ版のPCX150です。



d0244687_22352835.jpg

今年の3月に東京モーターサイクルショーで展示されたので、まさかの・・・?国内投入??と思いました。
元々海外の規制事情で150のPCXの存在は知っていましたが、東京MCは主に国内向け展示会のはず。
程なく当時(3月末)のドリームの店長に確認しに行ったら・・・「出ますっ」だと・・・。
d0244687_22414443.jpg

驚いたわ。同時にホンダの底力を垣間見た。
こんな日本国内でニッチな排気量のクラスにも新車種を投入するとは・・・・。
150・・・維持費とか考えるなら原付二種の125が有利だし、保険を考えたら250のビグスクの方が・・・
そう思うところでしょう。でも需要はあると踏んで、ホンダはその辺の上手く取り込んだ。

通勤等をメインにするなら、小型軽量を生かした駐輪のし易さ、とっさに原付では走れない専用道路
(有料道路でないところを含む)を走りたい場合、この上なく良い。何より250のビグスクと比べて安価で手が出し易い。
そう、紛れも無くこれは首都圏や主要都市部のバイク通勤者向けだと・・・発表当時に思ったものです。
125が19,000台に対し、僅か2,000台の販売計画なのでも良く分かる。
d0244687_22552583.jpg

任意保険の問題がランニングコストで同125のPCXとの大きな差になる訳だけど、
この辺は搭乗者の保険等級によっては大した問題にはならないはず。
d0244687_22585671.jpg

まぁ、それでもニッチなクラスなのは確か(笑)。事実、国内モデルでこのバイクのライバルに当てはまるものが無い。
僅かな隙間市場すら囲い込めるホンダの体力は、やはり世界一の二輪販売力のあるメーカーなのだと、
このPCX150が出た時に思ったものです。だからこそあまりお目にかかれないのでフォトライブラリーにした(笑)。
でもPCX150も新色(ブラック)が来年1月に投入される上に、
販売計画も2,500台と前年より2割以上増えてるところを見ると、意外と売れちゃってるんだろうな。


おまけショットとして、発売(12/14)されたばかりのPCX(125)の新色の限定モデルの紹介です。
d0244687_236588.jpg

マットガンパウダーブラックメタリック(2,200台限定)
d0244687_239214.jpg
d0244687_239955.jpg
d0244687_2391918.jpg

渋い・・・。単色よりアクセントが欲しいけど派手さを好まない人にはうけそう。
個人的にマット系カラーは洗車傷とか樹脂ボディの経年劣化が目立ちそうだからパスです。
俺も盲目のホンダファンでは無いので、この辺は言っておこう(笑)。
d0244687_23132472.jpg

パールヒマラヤズホワイ(1,800台限定)
こちらは随分と派手なホンダ得意の?トリコロールカラーです。
趣味性より実用性重視のバイクなら、単色のモデルの方が飽きないような気がするけど、
この辺は好みもあるし、年代を問わない原付二種クラスの中なら意外とすんなり捌けるのでしょうか。
d0244687_23163478.jpg
d0244687_23164365.jpg

立体エンブレムとか、バイク全体の作り込み、やはり質感ではライバルメーカーを圧倒して売れてるのが良く分かる。
d0244687_23183367.jpg


余談ですがPCX150・・・実はCRF250L購入時に入れ替え候補として悩んだ1台(笑)。
でも結局マイカー通勤片道15分で、渋滞もなく機動性が不要な日常では入らないか・・・との最終判断でした。
ただ実用車として1台あったら、この手のバイクは何でも出来て本当に便利だよ。
by DIO-PHOTO | 2012-12-22 23:41 | HONDA BIKES