ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2012 HONDA モンキー & 2013 HONDA CB1300 SUPER BOL D'OR SE

d0244687_208250.jpg

11月10日(土曜日)、この日は久しぶりの土曜出勤日でしたが、午後2時以降に出社することにしていました。
ちょっとお世話になってるドリームさんでの野暮用と、家族サービスをこなす都合です。



d0244687_2010121.jpg

開店10分前に到着。お願いしていたあるパーツの入れ替えです。
外観は何も変わらないので、詳しい内容は・・・ヒ・ミ・ツ(笑)。
d0244687_20131469.jpg

作業を待つ間、お店のクリスマス装飾で飾られたモンキーを眺めます。
こういった遊び心、季節感を感じさせて好きですね。
d0244687_20154932.jpg

名車モンキー、この愛らしいデザインは至高です。
一家に一台置いておきたくなる・・・そんなバイクです。
d0244687_20203127.jpg

しかも12年カラーのイエロー基調のカラーリングが最高。
スイングアーム、フロントフォーク、スプリング、そしてタンクにヘッドライトケースがイエローだなんて、
このカジュアルライクな雰囲気がセンス良いわ。

d0244687_20244285.jpg

モンキーを眺めているうちに15分くらいで作業終了。洗車もされてピカピカになって愛機が戻ってきました。

d0244687_20262319.jpg

さてここでようやく本題です。
9月に発表されて以来気になっていたCB1300 SUPER BOL D'OR Special Editionを拝む機会に恵まれました。
この日偶然入荷した直後のものを見せていただきました。
d0244687_20303614.jpg

洗車されまだ乾燥前だったところだったので、ちょっと水の滴が付いています。
2012年11月から翌年の5月までの期間限定生産モデル。
特徴として各部のパーツで、一部バフがけ処理が施されています。
d0244687_2034190.jpg

レギュラーモデルのゴールドホイールも嫌いじゃないけど、
黒とかこうしたシルバーの方が、このツートンカラーには似合いそう。
d0244687_20341679.jpg

フロントフォークもバフ掛けされています。
d0244687_20355873.jpg

金文字のネームプレート。これは微妙だな(笑)。
ホンダって、「テコ入れ」とか「行き詰る」とゴールドを使いたがるような・・・気がする(笑)。
d0244687_20362194.jpg

立体ウイングエンブレム。これは良いぃ。
d0244687_20365090.jpg
d0244687_20365948.jpg

20th PROJECT BIG1としては、とても無難にまとめた雰囲気です。
余りにも定番の白赤ツートンだから、パッと見は20周年記念モデルの区別がつかないかも(笑)。
d0244687_20391747.jpg

うーん、やっぱりカッコイイ。CB1300シリーズの中では、SFの丸目一丸のネイキッドスタイルこそ王道だと思うけど、
このハーフカウルは高速でも快適そうだし、試してみたいバイクです。
d0244687_20405470.jpg

キャンディープロミネンスレッド・・・これはレギュラーカラー(受注生産)の赤ではありません。
2010年仕様のVFR1200Fのモデルで、既に廃盤カラーとなったレッドと同色です。
その分、少し深みがあって高級感というか上品な落ち着きを感じる。
d0244687_20441385.jpg
d0244687_20442438.jpg
d0244687_20443732.jpg

来春の愛機CB1100の車検更新か、それを機に愛機自体の更新(買い替え)か、ちょっと実は悩んでいます。
その悩める買い替え候補の一部がCB1300シリーズです。まだ時間はあるのでじっくり考えましょう(笑)。
by DIO-PHOTO | 2012-11-11 20:57 | HONDA BIKES