ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

HONDA CBR1000RR ~2011鈴鹿8耐優勝マシン~

d0244687_2038120.jpg

2011年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝マシン、「F.C.C. TSR Honda CBR1000RRW」です。
優勝ライダーは秋吉耕佑・伊藤真一・清成龍一です。



d0244687_20401280.jpg

俺のバイクライフにとって、耐久レーサーの思い出は切り離せない。
何しろまだ中学生の頃、漫画「バリバリ伝説(第一部)」で鈴鹿4時間耐久レース(8耐の前座レース)なるものを知り、
その流れでたまたまTV中継(録画ダイジェスト)で、8時間耐久レースを観たのです。
それが1986年(中3の頃)のことで、W・ガードナーとD・サロン組(HONDA RVF750)が優勝を果たしました。
その頃からです・・・バリ伝の主人公がHONDAのレーサーに乗っていたり、ガードナーがHONDAのエースだった為に・・・
俺のホンダ贔屓が始まった・・・(笑)。余りにもカッコ良すぎた。
それからもバイクの免許(原付免許とスクーターは所持)すらない高校時代から、HONDAへの憧れが固まった。
その当時、フジTVのF1中継も始まったばかりで、常勝ホンダF1の影響もあったけどね。
ちなみにその当時の86年鈴鹿8耐久のビデオ(TBS系録画)はまだ保管しています(笑)。
d0244687_20555848.jpg

d0244687_20563067.jpg
d0244687_20564129.jpg
d0244687_20565075.jpg

当時(86年以降のRVF)のホンダは、片持ちスイングアームでタイヤ交換時間を詰めていたけど、
今は両持ちでもクイックリリースできるんだよねぇ。
d0244687_2102295.jpg
d0244687_2103031.jpg
d0244687_2103695.jpg

d0244687_21134916.jpg

敬愛する地元宮城出身のレーサー伊藤真一選手が、被災した東北を元気付けようと、
2010年の引退から一転、急遽参戦を果たし、そして自身4度目の鈴鹿8耐優勝を果たしたマシンです。
ちなみに伊藤真一選手は、鈴鹿8耐で通算7度(歴代最多)のポールシッターです。
d0244687_2194722.jpg

8耐はル・マン式スタートの為、セルスイッチらしきものが映っています。
d0244687_2111142.jpg
d0244687_211122100.jpg
d0244687_2111353.jpg

給油口はエア抜きによるクイックチャージの為に2つあります。削りだしのパーツの造形美が痺れます。
d0244687_2114112.jpg
d0244687_21141369.jpg

バイクブームの陰りと共に、かつてはWGP(現MotoGP)からの現役選手の参戦が当たり前だった8耐も、
近年は日本人トップレーサーが中心となっています。その影響でTV中継も有料チャンネルのみだったり、
その辺は少し寂しいところです。
d0244687_21231988.jpg

8耐は故・加藤大治郎選手が優勝(2002年)した辺りまでが、レースイベントとしては見応えがあったかな。
やはりネームバリューの高い選手の出場というのは、ファン心理としては嬉しいものです。
d0244687_21241991.jpg

d0244687_21253866.jpg
d0244687_21254645.jpg
d0244687_21255435.jpg
d0244687_21261474.jpg
d0244687_21262982.jpg

整備性に優れるクイックファスナーが見られる辺りが、スプリントじゃなく耐久レーサーなんだと思わせる。
d0244687_21272682.jpg
d0244687_21273736.jpg

今回(SUGO全日本観戦時)、初めて耐久マシンを直に拝め、細部にその耐久仕様らしさを垣間見れ、
モタスポファンとしては、とても嬉しかったです。TSRブルーが、優勝マシンと相まってとてもカッコ良く見えました。
by DIO-PHOTO | 2012-10-24 21:43 | HONDA BIKES