ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2012MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 SUGO J-GP2決勝

d0244687_18252353.jpg

J-GP2決勝です。前回のエントリーのST600とベースマシンこそ同じですが、
こちらは改造範囲も広いので、よりスプリントレーサーの味付けが可能です。




d0244687_1838022.jpg

午後からのレースでカメラマンが暑さで参っていたせいか、とても写真の歩留まりが悪く、
編集しながらがっくりしていたのがこのクラスです(笑)。
d0244687_18394477.jpg
d0244687_18394953.jpg

まぁ、結局のところ写真ってのはカメラ機材の性能よりも慣れと経験、ほんのちょっとのセンスが大事ですね。
あとこんな日は暑さに負けない根気が必要か(笑)。
d0244687_184308.jpg

J-GP2からは、マシンのコストも高くなるせいか、出走台数も落ち着き17台となります。
昔で言うGP250(2ストのフォーミュラマシン)クラスですね。
写真右奥でバランスを崩して転倒寸前のバイクが写っています。
d0244687_18464749.jpg

d0244687_18465459.jpg
d0244687_1847234.jpg

クローズドサーキットは、一般公道よりもはるかに安全措置が取られているので、
市販車のスーパースポーツ(SS)を安全にしっかり楽しみたい一般ライダーは、
複数のショップ合同主催の走行会に参加したりしますね。
d0244687_18552885.jpg

d0244687_18553721.jpg

こういった国際格式のレース参加ほど敷居も高くなく、手軽にナンバー付きのバイクで走れます。
主催者によっては持ちタイムで分類したりしますが、入門者向けのグループがあるのが普通です。
SSバイクの性能を一般公道で引き出すのは、法令遵守のライダーでは不可能です。
甲斐性のあるSS乗りなら、走行会イベント(参加費は1.5諭吉未満が相場)が良いと思います。
d0244687_1858103.jpg

レースから内容がそれましたが(笑)、当ブログの善良なライダー読者の皆様方、
普段から安全マージンをしっかりもって、ライドを楽しみましょう・・・と伝えたかっただけです(笑)。

この写真のZX-6Rですが、いよいよフルモデルチェンジが近いようですね。
最近のカワサキは、無難にカッコイイデザインでまとめてくるようになったので、何気に期待しています。
6Rのくしゃ顔も個性的で名残惜しいですが(笑)、SSファンとしては新型登場が楽しみです。
d0244687_196224.jpg
d0244687_1961426.jpg
d0244687_1962322.jpg
d0244687_1963264.jpg
d0244687_1964563.jpg
d0244687_1965835.jpg
d0244687_19772.jpg

ハルクプロのMuSASHiカラーは相変わらずカッコイイですね。決勝2位(浦本修充選手)でした。
d0244687_1991133.jpg

優勝はウエビックチームノリックヤマハの野左根航汰選手(YZW-N6 2011)でした。
ノリックファン、チーム関係者は彼の活躍を喜んでいると思います。
d0244687_19114232.jpg

この写真(ハルクプロ CBR600 HP6 2012)だと、前回の記事の同チームの写真と比べて、
カスタマイズの違いがよく分かるでしょう。カウルの形状、スイングアームの剛性感がまるで違います。
レース用に市販されているパーツですが、このワンオフっぽい雰囲気、好きだなぁ。
[PR]
by DIO-PHOTO | 2012-08-29 19:25 | 全日本ロードレース