ブログトップ

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2012MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第6戦 SUGO J-GP3決勝

d0244687_1943395.jpg

8月26日(日曜)、この日は年に一度のお楽しみ、
全日本ロードレース選手権第6戦にあたる菅生大会(宮城県)を観戦してきました。
モーターサイクルライフは自分で乗るだけが全てではありません。
国内一流(国際A級)のレーサー達の「走りを観る」楽しさもあるのです。

これから数回に分けて、その日の模様をエントリーしていきたいと思います。
今年初・・・本当に久しぶりのエース機のデジイチ&望遠レンズを持ち出したので、
その機材の重さ、でかさに戸惑ってしまいましたが、なんとか炎天下の中の撮影に挑みました。



d0244687_203594.jpg

今年から2スト125ccが完全に廃止され、4スト250cc(単気筒)のみに統一されました。
大半はHONDAのNSF250Rですが、来年は世界戦で活躍中のKTM(M32)も日本国内向けにリリースされるようで、
今後の楽しみが増えそうなクラスです。レースはワンメイクだとライダーの技量がメインだけど、
やはりレースマシンは複数メーカーが切磋琢磨するからこそ面白くなる一面もある。
d0244687_20504950.jpg
d0244687_20505564.jpg
d0244687_2051381.jpg

エントリークラスだけに、出走台数が40台以上と半端無い。
d0244687_2054337.jpg
d0244687_20541278.jpg
d0244687_20541941.jpg

年に1度だけに、撮影には正直慣れない・・・・。ブランクはあれど、昔から観てきているから、
レコードラインだけは分かるので、その点、カメラを向ける感覚が分かるのだけが救いです。
昨年の今頃と比べていくらかましになったような気がします。
d0244687_20561562.jpg

ましと言っても数撃てば当たるいつものことで、歩留まりのいくらか良かったものを選びました(笑)。
d0244687_20595067.jpg
d0244687_20595722.jpg
d0244687_210537.jpg
d0244687_2101489.jpg

レーサーとしては非力なクラス。
いかにパワーを使いきれるか、混戦の駆け引きがものをいうのがこのクラスの特徴です。
d0244687_214329.jpg
d0244687_2141360.jpg

ただ被写体を真ん中に、ピントを合わせて写すばかりでは、臨場感のある写真にはなり難い。
アングルに対するマシンの位置取りで、撮影者の意思が伝わっていれば良いのだけど・・・
見る人が見れば分かるはず(笑)。もちろん撮り方はひとそれぞれですけどね。
モタスポ撮り、上手い人は本当に凄い。
d0244687_2110108.jpg

d0244687_21102227.jpg
d0244687_21103738.jpg
d0244687_21105047.jpg
d0244687_2111299.jpg
d0244687_21115015.jpg

入門クラスと言っても、中にはベテランも含め、テクニックは素晴らしいものです。
このレースで一番予選タイムが遅いライダーでも、自称公道最速の輩よりも数段速いのは言うまでもありません。
本当に速さを求めるライダーは、公道で無理はしません。その点、レースというのは本当に見応えがある。
d0244687_21152083.jpg
d0244687_21152888.jpg

そしてレースマシンは華やかなカラーリングが多いから、カメラの被写体としても、実に撮り応えがあります。
d0244687_21171544.jpg

各ライダー同じマシンがベースなのに、微妙にカウルやらサイレンサーの形状、
マウント位置などが違うのところが、観ていて面白かったです。
d0244687_2117272.jpg
d0244687_21173597.jpg

午前中のレースはいくらか曇りと風もあって良かったけど、午後からの上位クラスの時は暑さにめげそうでした。
おまけにイベント会場ではブログネタ満載の車両が並ぶし、ピットウォークは楽しいしで、その思いだけで、
何とか暑さを耐え忍んでいました(笑)。モタスポ好きの読者様は、今後の関連エントリーもお楽しみにどうぞ。
[PR]
by DIO-PHOTO | 2012-08-27 21:32 | 全日本ロードレース