ブログトップ | ログイン

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

HONDA CRF250 RALLY 2017

d0244687_13205344.jpg
前回記事のメンテ待ち時間の間、ホンダの今年の話題の新車「CRF250 RALLY」を見てきました。
2月13日発表、2月20日発売なので、ボチボチ納車が進んでいる感じですが、
バックオーダーは多数抱えている模様です。コンセプトモデル発表時から大きな話題だったので当然でしょうか。




d0244687_13213721.jpg
実車の印象は写真以上に車格が大きく見え、250ccクラスとしてはとても見栄えの良さを感じます。
d0244687_13243603.jpg
エンジン真下のガード部品以外は、特徴的な大型カウルの塗装部分が多く、その辺の質感は良い。
そうは言ってもデュアルパーパスですから、未舗装林道へ突っ込んだ時の跳ね石が気になる方は、
軽く保護用のエンビ系の透明フィルム等を貼っておいた方が無難かもしれません。格好は悪いけど・・・。
オフ歴が長い人程、小傷は付くものと、さほど気にしないでしょうけどね。
これ・・初めてのオフ車って方がけっこういそうな予感。
d0244687_13244297.jpg
スイングアームの長さは分かりませんが、愛機CRF250L(旧型)と形状は同じなので共通かな。
d0244687_13244838.jpg
ワイドでグリップの高そうなフットペダルは、ラリーライクな雰囲気で良いです。
d0244687_13245189.jpg
ペダルもようやく可倒式を採用してくれました。
コストの問題でしょうが、これはCRF250Lの方こそ必要だった装備。
今更感もありますが、新型Lの方も改めて採用。対応しないよりは良いね。
d0244687_13245767.jpg
シート形状はオフ系では、ホンダは良い方に思う。
お尻の痛みは個人差、乗り方、装備の工夫で軽減できます。
それよりも気になったのは、マフラー側とツールボックス側のサイドゼッケンカウルが左右対称っぽく、
バランスが取られているとこと。もしや将来的にはツールボックスを外して、無限のツインマフラー設置用(再版)?
その時は見た目の収まりがとても良さそう。あれは良いものだ。
d0244687_13251128.jpg
好みが分かれる左右非対称の二眼ヘッドライト。
同社のワークスマシンのCRF450RALLYにも似たイメージで、良い個性を出しています。
d0244687_13251716.jpg
グローバルモデルだけに、450ラリーのようにシールド(スクリーン)内側にライトは設置できませんでしたが、
構造上の規制なので、それは仕方の無いところ。
国内需要向けに、よりレプリカ度を上げたサードパーティパーツが出たら面白い。
d0244687_13252363.jpg
ヒンジ式のタンクキャップは、使い勝手がいい、とても良い装備。
d0244687_13253245.jpg
d0244687_13254022.jpg
そして、CRF250Lと大きく異なるタンク容量。
CRF250L購入時のホンダのアンケートに、数Kgの更なる軽量化、もしくは10L程度のタンク容量(2~3Lアップ)って、
正直な気持ちとして書きましたが、まさかこんな形(バランスの良いスタイル)で叶うとは、さすがですね。
d0244687_13254301.jpg
新型Lと同様、エッジの効いたテールランプ&ウインカーは、ちょっと社外品っぽさがあって、カッコイイです。
d0244687_13255143.jpg
チェーンガードの樹脂パーツも形状は旧Lと同じに見えますが、質感が少し変わった?
まぁ、愛機は経年劣化でやられている可能性(日焼け)の方が高いかな(笑)。
d0244687_13255783.jpg
リムが黒いのはカッコイイと思います。汚れが目立ちやすいですが、見た目とトレードオフです。
d0244687_13260196.jpg
d0244687_13260999.jpg
マフラーの形状は旧Lと同じに見えますが、コンパクトになって、馬力やトルク、共に少しアップしました。
大径化したスロットルボディに加え、エキパイやマフラー内部構造まで変更しているようです。
d0244687_13261411.jpg
d0244687_13262863.jpg
レプリカを謳い文句にするだけあって、450ラリールックのデカールがとにかくカッコイイです。
Lと比べてそれなりに価格をアップ(約15万)して、質感を向上、アップライトなオフポジションでラクな姿勢、
ホンダが大活躍していた時代のパリダカを知る年齢層・・・ずばり販売客層はオッサン世代・・でしょう。
え?オレのこと?(笑)。
d0244687_13264034.jpg
d0244687_13264455.jpg
後付けと違って、デザインされた大型ウインドスクリーンは違和感無く、とても良く似合います。
高速走行時、身長にもよりますが、胸だけでなく、肩や顔周りもある程度は風を軽減してくれそう。
d0244687_13265446.jpg
個人的な意見ですが、好みでいえばスタンダード仕様の非ABSを(買うなら)選ぶでしょう。
ABSはリアの制御をカットできるし、一般公道での費用対効果は高いと思いますが、
オフ車は軽さこそ至高なポリシーなので・・。
同様にサスストロークが適切に効く方が、ダート走行時の恩恵が高いので、LDは選べません。
もちろん低身長で少しでも足が届く様に・・・とか、安全性向上でABSは、ありでしょう。
メーカー製造のローダウンなのも、社外品より格段に安心感(セッティング)があると思います。
d0244687_13270102.jpg
ただね・・・足の短い(サス)、オフ車にABS・・・それならオンロードバイクからチョイスしそう。
実際、愛機NC750XはABS仕様です。この辺は本当にオーナーの用途で分かれますね。
d0244687_14504931.jpg
こうなると憶測ばかりでなく試乗してみたいところですが、
残念ながら訪問時にディーラーに試乗車は無し(入庫予定有り)。
バックオーダーが落ち着くまで厳しいのかもしれません。買える訳では無いので、機会があればですね。

正直、ロードバイクで散財した額とCRF250Lの下取りを合わせれば、買えそうな金額になりますが、
自転車・・・欲しかったものは仕方ない!(笑)。

最後に、この「ラリー専用の新開発の前後サス」、なぜ専用ではなく、CRF250Lにも同時採用しなかった・・・。
オン指向のCRF250Mは現状のままでいいとして、
ダート性能をアップしたCRF250L(最低地上高やシート高もラリー同様)なら、
きっちりユーザーの用途で区別できたのに・・・。オフ車は軽いから、爪先立ちでも問題無いのにねぇ。
おそらくマーケットのリサーチでは、ローダウンがかなり売れる判断なんでしょう。

このCRF250L派生のニューモデル「CRF250 RALLY」ですが、
航続距離、高速巡航(防風カウル)、軽い取り回し、ダート性能、舗装悪路性能、燃費性能、
それぞれにそこそこ良いので、使い方、考え方次第でいろいろ(何でも)できそう。
バイク1台体制で永く愛用、見た目(好みは大事)がハマレばとても良い選択な気がします。

**********************************************************************
尚、当記事は一部にブログ管理者個人の憶測が含まれ、その他表記に誤りがある場合があります。
詳しくはホンダ販売店に問い合わせるか、公式HPの内容を御確認くださいませ。
by DIO-PHOTO | 2017-03-14 00:00 | HONDA BIKES