ブログトップ | ログイン

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

「2015 NC750X DCT」 納車、そしてカスタマイズ詳細

d0244687_6381274.jpg
9月13日(日曜)、新たな愛機NC750X(DCT)が納車されたと共に、
約1年半振りに待望の大型バイク復帰が叶いました。



d0244687_641264.jpg
8/15の盆休み中にディーラーで、5月の試乗会以来、2度目の試乗をしました。
いろいろと相談と交渉の結果、翌週8/23に無事に購入決定し、判子を押しました。
その時点でメーカーよりの配車が9/7予定となり、整備とカスタマイズを最短で作業していただき、
無事に9月13日のこの日、引き取りし、納車されました。
d0244687_651767.jpg
納車された日は天候の崩れ、関東・東北豪雨で各所が多大な被災を受け、
何より目の不調(角膜炎)もあって、ライドできる※状態でもなかったので、
すぐに帰宅し、とりあえず保管庫に愛機を入れて終了。
※前回記事参照
d0244687_6543516.jpg
9月20日(日曜)、ようやく納車後、初ツーリング。
目はまだまだ本調子では無かったものの、何とかライド可能なところまで回復し、
納車直後のピカピカな愛機を撮りに出かけられました(笑)。
この日のツーリング記事は次回更新致します。
d0244687_6591649.jpg
購入決定の経緯として、2月のこの記事で触れましたが、
このバイクはその時に既に購入候補に挙がって、合い見積もりを済ませていた車両です。
d0244687_78313.jpg
一旦は年末から来年のショーモデルの動向を見極めた上で、次期愛機を絞るつもりで計画を保留しましたが、
8月1日(土曜)の酷暑ツーリングにおいて、NC750XとNC700Xの僚機に挟まれて走っていた時に、
思っていたよりもヒラヒラと良い動きをしていたのと、実際に走る2台をマジマジと眺めるうちに、
ちょっと購入意欲が再燃(笑)、そして8月の再見積もりの末、購入に至りました。
d0244687_842153.jpg
カスタマイズは実用面を重視し、ロングランを含めて、マイバイク史上、最もツーリングに最適化しました。
まずはパニアケースですが容量29L(積載6kg)×2の純正品です。
d0244687_89459.jpg
そしてパニアとのシステム化で、トップケースも装着したフルパニア化を果たしました。
容量35L(積載3kg)で、パニアを含めた完全ワン・キーシステムにも多少拘りました。
d0244687_883893.jpg
別の大容量(45L)タイプのトップケース(ワン・キー非対応)とも悩みましたが、
基本的にトップは常設運用で、パニアをTPOで着脱するつもりなので、
見た目のシルエットがパニア無しでも格好良く収まる小型のタイプにしました。
45Lタイプの方は側面はともかく、前後から見た時、大きな張り出しがやはり大き過ぎて・・・。
まぁ、箱物で見た目(写真写り)云々もアレだけどっ(笑)。
d0244687_817221.jpg
純正チョイスの良さは取り付け強度の安心感、左右の張り出しが最小限でミラーやハンドル幅に近く、
バイクの駐輪、乗降での気遣いが多少軽減できることです。
外観や機能性(上蓋開閉)なら、社外のヘプコ&ベッカー製が最高ですが、車幅がやはり気になりました。
d0244687_8283057.jpg
エンジンガード類は多種有りましたが、社外品のキジマ製をチョイス。
アドベンチャールックのNC-Xなら、ガッチリ張り出してもそれなりに似合うだろうと思ったのと、
かつて四輪車に側面衝突で左脚重症を負った経験、かつ万が一に転倒しても足は挟まれにくいという、
なんとも骨折事故のトラウマ的発想です(苦笑)。
d0244687_8335679.jpg
ナビゲーションはCRFと本体共用です。ツーリングライダーには定番装備になりつつありますね。
専用品だけに、堅牢性(耐震、耐候)がお気に入り。
d0244687_8371942.jpg
純正スポーツグリップヒーター。初めてCB1100で運用以降、あまりの出来の良さに感動。
握り易さ、温熱の省電力かつホット感、冬季、早朝の冷感時や雨天のライド等に最高です。
d0244687_8411079.jpg
リターン時に購入のCB750以来、久しぶりのセンタースタンド(メインスタンド)です。
簡単な整備時、狭い駐輪場等で実に機能的な装備です。純正だけに掛け易く、外し易いです。
d0244687_8455467.jpg
実用以外に唯一、サイドカウルパネルをドレスアップで付けてみました。
同じNC乗りの友人Yさんの車両を参考にしました。
他には見えないところで、ETC装備済みです。
d0244687_8445271.jpg
ダーク色だけに、なるべく小傷を目立たせたくなかったので、ガラスコーティングも施工してもらいました。
CBR1000RRの時に初めて経験しましたが、光沢感も気に入ってます。カスタマイズ関連は以上です。

d0244687_8521257.jpg
NCシリーズといえば、やはりヘルメット1個分(容量21L)のラゲッジスペースがとにかく便利です。
現在使用中のショウエイのネオテック(L)が綺麗に収まります。
いつもは天気次第で雨具等を荷物で取捨してましたが、これからはバックパックに入れて常備できます。
d0244687_923029.jpg
パニアを外した状態です。
着脱ありきの運用予定なので、マウントステーが目立たないのは、何気に購入理由のひとつです。
d0244687_943583.jpg
デュアルクラッチトランスミッション(DCT)のチョイスは購入の際、特に悩みました。
バイク歴20年以上、乗り継いだバイクは10台以上、無論全てマニュアルミッションです。

「今までの感覚で乗れるMT」か、NCのエンジン特性は明らかにDCTありきの設計思想、
それなら「NC本来のコンセプト」を堪能し、NCだから出来ることを優先するか・・・。

最後は、ホンダばかりを乗り継いできたホンダファンとして、
ホンダ独自の先進技術への興味本位が勝りました。試乗レベルではなく、しっかりと味わい堪能する為にね。
正直、MTなら他の魅力溢れるバイク(他メーカー含む)をチョイスしたい思いもあったり・・・ね(笑)。
d0244687_9165085.jpg
並列二気筒エンジンはマイバイク史上初めてです。
大型以外だと、バイクデビューの250でVツインがありますが、近年は4発マルチか単気筒ばかりでした。
d0244687_9201986.jpg
足回り(サス)は2月の見積もり時、短い己の脚との兼ね合いでローダウン(LD)でしたが、
8月の再見積もりではスタンダード(シート高830mm)に変更しました。
d0244687_922568.jpg
商談時、偶然にもディーラーの中古車でNC700Xのスタンダード車がありまして、
それに跨らせてもらった状態で、店長にリアサスをしならせてもらい、慣らし済みの足回りを少し体感した上で、
スタンダードでいけると判断、少しでもショックストローク(前後150mm以上)がある方が、
個人的には比べた時に、ノーマルサスがベストとは言わないけど、ベターだと感じました。
過去のNC700X(MT)ノーマル車の試乗経験(2012/3月)も地味にいきてます。
一応はアドベンチャールックだし、オフ車好きのオフ魂から、
少しでもサスストロークがある方・・・と思ったのもある(笑)。
d0244687_9314296.jpg
ぶっちゃけ、将来本当にアフリカツインが気になった時、850mm以上のシート高、
DCTかMTかの選択を迫られた時、このNCオーナーの経験は役立つと思ってる(笑)。
d0244687_9355091.jpg
ノーマルマフラーですが、アイドリング時は至って静か、走行中の排気音も上品で、
いかにもホンダらしくて好感が持てます。
d0244687_9372066.jpg
CBR1000RR同様、二度目のメンテナンスパック(3年)もお願いし、
今度こそ、その期間を全うできるバイクライフをエンジョイしたいところです。
d0244687_9419100.jpg
最後に御約束ですが、やはり自分のバイクは一番カッコイイなと!・・・思います(笑)。
d0244687_17285812.jpg


d0244687_9422892.jpg
久しぶりの大型二輪、次回慣らしツーリング記事をお楽しみにどうぞ。
そしてNC700~750系バイク乗りの皆様、発売から数年経ちまして出遅れ感もありますが、
同じマシン同士、当ブログをどうぞ御贔屓に、宜しくお願い申し上げます。
by DIO-PHOTO | 2015-09-21 09:46 | カスタマイズ