ブログトップ | ログイン

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

2014 HONDA CB1100 EX

d0244687_13583865.jpg
前回と同じ流れですが、今回はCB1100EXの紹介です。
発売から丸4年、ついにホンダの人気モデルのCB1100がビッグマイナーチェンジを行いました。
2月20日に発売したばかりなので、まだ路上で見かけるには早いでしょうか。
丸3年乗ったCB1100の元オーナーとしての視点も絡めて記事にしたいと思います。




d0244687_13591505.jpg
エンジンは腰下を共通化している都合もありますが、同社CB1300シリーズと同じ6速ミッションとなりました。
d0244687_13592150.jpg
ホイールがトラディショナルな雰囲気を強調する形で、EXモデルのみスポークホイール(アルミリム)に変更されています。
d0244687_13592665.jpg
チューブタイヤになるから、パンク対応でネガな部分もありますが、個人的には10台以上乗ってパンクは僅か3回だし、
チューブが当たり前なオフ車乗りの立場でも、それほど気になる部分ではない。
この往年のCBファン(Kシリーズ)の心を掴むデザインは非常に良い。
d0244687_13593211.jpg
特に目を引くのはEXグレードに与えられた二本出しのマフラー。
しかも元所有車のCB1100の無限二本出しメガホンマフラーと異なり、センタースタンドにもきちんと対応しています。
メンテや狭い場所での駐輪など、センスタがあると実に便利です。
STDモデルの片側一本出しと排気効率の違いからか、あるいは意図して味付けを変えたか、EXは2馬力パワーアップ。
d0244687_13593903.jpg
分かりにくい写真ですが、スプロケのカバーも樹脂から金属に変更されています。
d0244687_13595204.jpg
d0244687_14002116.jpg
エンジンカラーも空冷フィンはシルバーのマット塗装ですが、
腰下等のカバー類はバフ掛け処理でメリハリの良さを感じます。
この辺もKシリーズファンを意識しているかもしれません。
d0244687_14000925.jpg
ジャパニーズネイキッドは、やはり丸目一灯ライトが良く似合う。
d0244687_14002677.jpg
d0244687_16040756.jpg
サイドカバーもEX専用のものが使われ、タンクからの水平基調が際立ち良い雰囲気です。
d0244687_16040425.jpg
そして何よりポイントが高いのは、STD比で約3L増量(17L)のタンク形状の上手さ。
サードパーティ製のものと違ってデブさが最小限で、デザインが極力破綻しないようにしっかり開発されている。

元オーナーとして、航続距離が短く給油回数の多さがツーリングで気になる部分でもあったので、
このストレスを軽減したラインナップの追加はさすがのリサーチです。これで50~60km程度は長く走れる。
しかもデザイン性の良い14Lタンクモデルも継続販売だから、ライダーの用途、好みの違いにもしっかり対応。
d0244687_16041146.jpg
その気になるタンク形状ですが、現地でじっくり跨ってみた印象だと、やや幅が大きく股の開きが増えて、
ニーグリップは若干やり辛くなった。ただ、皮パンツやその他専用のライドパンツで滑り止めが効くものなら、
ライド上は問題ないと思う。小柄な女性ライダーはやや不利かも。気になる人は、ラバーのニーパッドでも貼りましょう。
d0244687_16041409.jpg
厚みが増えてクッション性の高いダブルシートは、足付きが少し犠牲になったものの、とても座り心地の良い形状です。
旧シートではシート高が低い為に、長時間乗ると膝の曲がりや尻痛が気になったけど、その辺もうまく解消してくれそう。
この形状(Kスタイル)もナイス。
d0244687_16041818.jpg
タンクの張り出しは少し増えた分、乗車姿勢では真上からのエンジン(フィン)が見辛くなったけど、
それを補って余りある各部の出来の良さです。
d0244687_16042547.jpg
STDと比べて、タンク、マフラー、ホイール、サイドカバー、シートが専用のEXですが、
これで7万アップで済むなら十分お買い得だと思う。

もし、あと1年早く発表されていたら・・・、もしレプソルカラーのCBRが出なかったら、
各部の質感向上、機能性の充実、すなわちネガの解消と全体のバランス(デザイン)が見直されたこのマシン、
そのまま乗り換えたかも・・・。部品の移植より安上がりそうだしっ(笑)。
なんて・・・無限キット限定セット装着マシンは、あれでスタイリングとしては至高のパーツでしたけどね。

でもホント、これからオーナーになるライダーにとっては、
EXならEパッケージモデルで吊るしのまま乗っても良いと思えるほど熟成されたマシンになったと思います。
チューブタイヤがどうしても気になるなら、STD用ホイールに組み替えれば良いでしょう。

ホンダ贔屓ですが、ここまで絶賛したのはあまりない。
やはりベースのMC前のCB1100の素性の良さが分かっているから言える元オーナーとしての見解です。
このキャンディーアリザリンレッドと相まって、飽きのこないとても良いデザインだ。


by DIO-PHOTO | 2014-02-25 17:31 | HONDA BIKES