ブログトップ | ログイン

風とバイクと俺と。

diophoto.exblog.jp

日々のモーターサイクルライフがメインの写真ブログです。

HONDA CRF250L 正式発表、そしてXR250とのスペック比較

d0244687_1921068.jpg

ついに2012年4月13日(金曜)、
HONDAの新型フルサイズオフロードバイク「CRF250L」が、公式サイトにて詳細発表されました。
早速、現在の愛機XR250とのスペック比較表を作成してみました。
尚、スペックシート以外の写真は、HONDA公式サイトより転載した写真です。



d0244687_1952128.jpg

バイクってのは、スペックだけで語れるものじゃない。実際に跨り、走らせてみてなんぼです。
それは大前提です。でもあえて現状で個人的に気になったところを黄色で示してみました。

シート高は同じ875mmながら、最低地上高は30mmほど低くなりました。
これは同社のシート高805mmのXR230と比較して、10mm高いだけです。

タンク容量は1.6L少ないです。CBR250R譲りの新型エンジンのFI化による低燃費を考慮しても、
おそらく航続距離では30km~以上短くなったと思います。

そしてオフ車好きなら誰しも気になる車両重量は10kg増加。

エンジンの出力は現状の規制を通すためにスペックダウンしているように見えますが、
当時とは測定方法も多少異なるし、素性の良いCBR250シングルエンジンの流用なので、
この辺はむしろパワー感があるのかと思ってます。

シート高もXR250と同じなら気にならないはず。
最低地上高は、オフ車歴が長くガレ場等が大好きな人は、この30mmは気になるところ。
一番の気になる点はやはり重量。今の133kgでさえ、オフ車としてはそれほど軽いとは言えない。
他メーカーの現行モデル(カワサキKLX250:136kg)との比較でも7kg重い。
せめてライバルメーカーと同等なら良かったと思う。

現状ではやはり現物を見てみないことには何とも言えないな。
メインバイクとして新規購入なら、初期ロットの品薄感で納車等が気になるなら予約もありだけど、
買い替えなら焦ることもない。重量とか気になる部分を見ると、即買い替えの決め手はなし。

d0244687_19304897.jpg

でも最低地上高が低い割には、シートのカーブも程好く、とてもまとまっている。この辺はさすがにホンダだ。
デザインだけならXR250と比べても、こちらがカッコイイと思う。やっぱり見た目は大事だ。
d0244687_19325437.jpg

エンジンも先日のCBR250Rの試乗で、とても好感を持ってる。
d0244687_19335131.jpg

カウルを外して見られるメカニカル感も、レーサー風のフレームワークがいけてる。
何より倒立サスや新型ユニット(FI)、アルミスイングアーム等の装備で、
脅威の45万未満とは、実勢価格で30万円台もありえるのではなかろうか。
最低地上高が低いのも、全長があるCBR250Rのユニットをセット(流用による低コスト化)する為のことか、
あるいは低重心化で、入門機としての取り扱いの容易さを上げる為なんだと思う。

d0244687_19423387.jpg

d0244687_19424513.jpg

まぁ、こういう写真も載せるあたり、ダートも売りにしているんだろう。
正直、上手いしな~写真が・・・(笑)。
d0244687_19553547.png

とにかく実車だ。見た目に気に入ってるから、実際に見たら欲しくなるに決まってるし(笑)、
反面、XR250より10kgも重いなら、いっそのことオフ車ライフは休止して、
試乗で好感触だったシングルスポーツのCBR250Rにしても良い。
あるいは両方やめて、通勤にも使える下駄バイクとしてスクーターとかも・・・。

基本的に舗装路ばかりで、たまに四輪が走れるレベルのダート路を軽く走る俺のスタイルなら、
このCRF250Lとの相性は良いでしょう。ただ、転倒時の引き起こしを考えたり、操作性に関しては、
オフ車はやっぱり「軽くてなんぼ」という基本はあると思う。

オフ車(主にトレッキングとして)としてなら、XR230の方が上でしょう。
タウンクルーズや下の道がメインの普通のツーリング(少しダート)なら、
CRF250Lがパワフルで、何より価格も安く良い選択になる。

あくまで素人の拙いスペックだけの批評なので、参考程度にお願いします。
そうそう、この記事で書き記した予想発売時期(5/14発売)だけは当たったねっ(笑)。
by DIO-PHOTO | 2012-04-16 20:20 | HONDA BIKES